「the医院開業」トップ > 開業指南塾 > 開業チェックポイント > 成功する医院開業物件選び ポイント1

開業チェックポイント

FILE 001

物件選定のポイント

独立してクリニックや診療所、いわゆる医院開業をしようと自身の心に決めて、最初に悩むことといえば、
「どこで開業したら成功できるのか?」ということに他なりません。
人生の節目となるチャレンジを如何にして成功させ、自分の城をどこに築いていくのか?
こればかりは、簡単に決めるわけにはいかない最重要課題です。なぜなら物件は、気に入らなかったら気軽に取り替える、というわけにはいきません。ここで失敗は許されないのです。
でも、不動産情報は溢れていて、どうしても目移りをしてしまうもの。 そこで、開業へ向けての最初の一歩を間違えないためのポイントをまとめました。

※契約に際しての注意点につきましては契約〜最後のステップをご覧ください

成功する医院開業物件選び

これだけは知っておきたいポイント・アドバイス

ポイントその1〜基本となる3つの視点

物件選びを始める前に、まず頭の中を整理しておきましょう。
物件を選ぶ際の視点にはどのようなものがあるのでしょうか。

1.ハード情報

土地や建物の位置や広さ、他に入っているテナントは何か?賃料はいくらか?といった、じかに見て、手にとって分かるもの。一般的な意味での不動産情報のこと。

2.ソフト情報(目に見えない情報)

周囲の立地環境の良し悪しや開業した際の潜在的な需要の分析などがこれにあたります。

3.ご自身のモチベーション

開業するにあたっての、ご自身の「こういった場所で、こんな医院を経営したい」という思いは、結果を大きく左右します。物件は単なるデータの比較では決められません。

独立開業が経営である以上、採算が取れるのかどうか、将来的に見てマーケットとして有望なのかどうか、出来得る限り検討することは当然です。現在の医院開業においては、この、診療圏調査は欠かせません。
診療圏調査は

  1. 開業予定地周辺の地理的条件、交通条件、住民の生活パターンなどの経営立地概要調査
  2. 開業予定地周辺の人口、世帯数、年齢別人口、夜間・昼間人口の比率、将来の人口の変動傾向などの人口動態調査
  3. 開業予定地の周辺の患者が来院するエリアを検討する診療圏の設定
  4. 受療率から割り出す推定患者数調査
  5. 近隣競合医院の患者数や評判からみた実力の評価

などなど、多岐にわたります。こういった診療圏調査を行う医療コンサルタントは全国にあります。
データ的には劣っていた物件であっても、
あなたの熱意と工夫で医院経営を成功へと導くことは可能なのです。