「the医院開業」トップ > 開業指南塾 > 開業ケーススタディ > 労務管理の見直しによる経営改善

開業のケーススタディ

FILE 006

労務管理の見直しによる経営改善

第6回目では、開業後、先生方の一番の悩みともなる「スタッフ労務管理」について ご紹介します。 開業前に診療圏調査等を実施、想定患者層にあわせバリアフリーに するなどハード面では万全の準備で開業をむかえたはずが、患者さんからは たびたびのクレームが・・。その原因はハード面ではなく、別のところにありました!

医療モールに高い集患効果を期待したがー眼科クリニック紹介

新患が増えず頭を悩ませていた院長が気づいた点は?…

眼科クリニックのケース

Fクリニックの概要

項目 内容

標榜科目

整形外科、リウマチ科

専門

整形外科

院長

男性 42歳

開設日

平成20年1月

所在地

東京都郊外

クリニックの概要

テナントビル1階(60坪) 診察室1、処置室2、エックス線室、リハビリテーション室

専用駐車場

あり(8台)

交通アクセス

駅 徒歩20分の住宅街

スタッフ

看護師2名、PT・リハビリ助手・事務6名(パート職員含む)

経営形態

個人

薬剤処方

院外処方

Fクリニックの環境等

最寄り駅からやや離れているものの、住宅地に囲まれ緑の多い環境のなか周辺には保育園や小・中学校があり、比較的人口の多い立地条件にあります。

車での来院が多いことを想定し、専用駐車場はクリニックの目の前に近隣クリニックと比べて多めのスペースを確保しました。また院内は完全バリアフリーとし、診療所が交通量の多い道路に接していることを考慮して入り口の自動ドアの手動ボタンを高い位置に設定することにより、子供の飛び出し事故を防ぐなど、工夫をこらしています。

他方、医院広告はバス停前であるためバスの社内広告を中心に、(1)電柱看板(2)駅構内看板(3)入口の看板を設置(4)ホームページを開設しそれぞれ自院のコンセプトに合ったロゴマークとQRコードを盛り込むことにより他院との差別化を図りました。

Fクリニックの収支状況

月間数値 直近の実績 当初事業計画

一日あたり患者数

50 人

100 人

診療単価

3,200 円

3,000 円

医業収入

352 万円

660 万円

薬品費等

42 万円

75 万円

人件費

138 万円

140 万円

家賃・リース料

60 万円

60 万円

その他経費

58 万円

50 万円

差引利益

54 万円

335 万円

借入返済

33 万円

33 万円

差引収支

21 万円

302 万円

経営者になり初めて人を雇った院長は、当初近隣のクリニックや知り合いの先生の意見を参考にしながら診療時間や給与を決めていました。またコストアップは痛かったものの社会保険などもきちんと加入しており、職員への期待と労務トラブル防ぎたい思いから労働環境はしっかり整備したつもりでした。

しかし、スタッフコントロールは全く思うように行かず、わずか1年で開業当初の職員はすべて退職してしまったのです。原因について院長に特に思い当たる節はなく、しばらく様子を見ていたのですが、院内の雰囲気は患者さんに伝わるものでたびたび接遇に関してクレームを受けることがありました。そしてそれが直接の原因か不明ではあるものの、当初順調に増え続けていた患者さんがある時期を境に徐々に減っていったのです。

その状況に危機感を持ち、院長は募集条件の改善を実施する一方でスタッフに直接注意・指導するなど考えられる対策をいろいろ講じてみたのですが、どれも効果が出ているように思えず、院内のムードは沈滞したままです。

悩んだ結果、開業コンサルタントから紹介された病医院専門の社会保険労務士にアドバイスを求めることとし、専門家の視点から経営改善に真剣に取り組むことにしました。

総括

人事の問題は、経営を揺るがす大問題になることを身をもって実感した院長でしたが、その後専門家の力を借りて最優先課題として対峙することとなります。この後、Fクリニックがどのように改善の道へ進んだか、後半でご紹介します。

(文責:税理士法人町山合同会計)